【検定受験】独学で統計検定に挑戦します

こんにちは、浅く広く多趣味なnatsuです。

ただ、いろいろなことに浅すぎてイマイチ自分に自信のないnatsuでもあります。

 

じゃあ自信がもてるところまで行くのは非常に難しいことだと思います。でも挑戦してみて、行った先でしか自信が持てるか持てないかすらわからない。行った先でしか見えないものがある。

とりあえずその先まで行ってみよう。

せっかく育児休業での時間もあるので仕事復帰への向けた自己啓発とも兼ねて検定を受験することを決意しました。

※仕事に直結する検定ではありませんので、専門分野ものちのち頑張ります笑

 

natsuの勉強の仕方をご紹介します。

こんな方法もあるので、モチベーションが上がらない、続かない方は是非お試し下さい♪

統計検定に挑戦

なぜ統計か、

・統計を使った資料が職場で配布されたときに非常に見やすかった

・いろんな問題提起と対策に使えそうだと感じた

・算数が好き(数学はちょっと…)

というところから挑戦してみることにしました。

現在の能力

今回「統計検定」に挑戦しますが、統計検定については全く“ど素人”です。

統計の“と”の字も知りません。

 

スタート地点の能力 

現在の年齢は30歳。

中学時代は数学しかできなくて、高校入学してすぐの全国模試では数学の偏差値70以上ありましたが、高校数学ですぐつまずき、理系コースだったが数学は赤点にならない程度の成績に落ち込みました。勉強に対してのモチベーション“0”になり、勉強以外の青春を謳歌しました。

大学入試に挑める能力もなく、スポーツだけで大学へとある体育大に入学し、ここでも脳みそ筋肉に仕上げてきました。

 

つまり大学卒業時の22歳のころにはすでに脳みそは働き方を忘れ、数学とはかけ離れた仕事につき、仕事上使っていたエクセルでお気持ち程度の関数を使用できる程度でした。そして仕事場でも統計と触れ合うこともなく、統計をとるという発想もなく30歳を迎えています。

統計とは無縁の世界で生きてきた“算数”は得意だけど脳みそは働き方を忘れたポンコツの状態の私が独学で統計検定合格なるのか、レポしていきます。

 

3級を今年の11月に受験します

さっそく過去問題を準備

しかし4級の1問目で躓きます。 

 問題集を開いた初日1秒にして心が折れました

仲間と一緒に

仲間をつくり一緒に頑張ることにしました。

ワーキングマザー仲間でもある姉と一緒に受験します。

しかし仕事しているのでなかなか一緒には勉強できませんので、お互いの為に課題を作ってモチベーションをあげます。

ちなみに姉は研究職なので私よりも優秀で統計もよくとって仕事をしています。

誘ったところ、極めたいということで検定の最終目標は「来年の11月に1級を受ける」とハードルを上げられました。

課題

まず姉は過去問題集をちぎりましたΣ・◇・!!

f:id:natsu16family:20190620144615j:plain

パート毎に分け、2人に行きわたるように…ある意味賢い。。

しかも1冊が薄くなるのでハードルが下がったような気がします。

 

そして、1ヵ月かけて4級の問題集のわかりやすい解説書を作ると約束しました。

相手の為の解説づくりなので手も抜けないし、勉強にもなります。

natsuの持ち分の4級だけで3冊あるので、解説を作りながら勉強にもなり、かぶっているところは復習にもなります。

 

今日はまだ問1~問6までしか進んでいませんが、1秒で折れていた心でしたが1歩進むことが出来ました。

また統計検定の勉強内容もまとめていきます^^

 

一緒に検定頑張って下さる方も募集していますー!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です